はじまりのはなし

カレントオーナーとの雑談からプルアウターは始まりました。

椅子に座って投げる練習があると聞いて、
オーナー「椅子に座って投げることできるなら、車椅子の人もダーツできるんじゃないですか?」

ほろ「車椅子の人と一緒にダーツしてましたよ。」
ほろ「ボードに手が届かないから抜くのは自分が抜いて渡してましたけど、投げるのは普通にしてた。」
ほろ「車椅子ダーツってボードの高さを低くしたものもあるけど、そのダーツ仲間はやってなかったと思う。」

オーナー「一緒に投げれるなら特別な低いボードよりも同じ高さでしたほうがいいでしょ。」
オーナー「抜くのも自分でできたほうがよくないですか?」

そう言って店にころがってた折れた釣り竿にフォーク縛り付けて
オーナー「こんなかんじのものつかって」

ボードに刺さったダーツにフォーク引っ掛けてひねると、見事にダーツが抜けて飛んでいって。

オーナー、ほろ「おおぉー」

そんな始まりの話。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA